niwamonogatari

31bba151f5ec9b745907445a1ba8119e.jpg

自然も人も時間の中で生きている

最近の利便性が高まるにつれ、今までになかったストレスや社会問題も起きてこないでしょうか?

昔こんなことなかったのにとか昔はよかったわね!

など、利便性と人間の関係が実は窮屈になっているのかもしれません。

逆に自然も時間で生きていますし、昔の人もおおざっぱですが時間の中で生きてきました。しかし現代のようなストレスは大半の方は多分感じてはいなかったのではないでしょうか?

現在を上手に生きるのに、便利な時間だけではなく、もっと人にやさしく変化のある時間も必要なのではないでしょうか?

人の時間と違う時間の世界で生きている

植物は太陽が上がると目を覚まし光合成を始めきれいな空気を提供してくれます。そして夕方になると休む準備をし、そして暗くなると眠ります。しかも自然な風に心地よく揺られ、雨が降るとおいしい水分をお腹一杯吸い上げ、寒くなると葉を落とし冬の準備をしたり、なんか人の時間と違う時間の世界で生きているのです。そのような世界に生活を近づけると、意外にも安らげたり、リラックスできたりします。海岸で海を見ていても、山で森を見ていても、とっても心が洗われるような気持になるのは不思議な感覚です。

 

 

 

 

庭物語が繰り出す展開

住宅の外部、俗にいうエクステリアの世界こそ、ここに住む人間を機能だけではなく、精神面でも支えていく重要な役割を担っているのです。そう、そこにはその家族の物語があり、それがアルバムになり、そして思い出になっていくのです。

つまりは利便性や安全面などの機能性が充実した建物に住むには、自然な時間が流れる空間がないと、疲れてしまい癒されないのです。

私たちが創造するエクステリアの世界は、単純なデザインの世界ではなく、生活の延長とそこに安らぎとコミュニケーションを与えるものと考えております。

この情緒あふれる空間や繰り返されるストーリー(庭物語)のシナリオ展開がこの概念では特に重要で、パルグリーンが最も得意としているところです。

住まうということに始まり、新たなライフスタイルや美しい景観の中で暮らしたいという要望に的確にお応えしていきます。

s512_chojudasub0010_4.png
お問い合せ.jpg